Twinmotion

Twinmotion

【Twinmotion】色に注意しながらコントラストを調整

Twinmotionで色の印象を壊さないように注意しながらコントラストを調整する例を紹介します。
Twinmotion

【Twinmotion】インポートしたモデルがちょっと浮いている理由

他ソフトで作った建築3DモデルをTwinmotionにインポートしたとき、「あれ・・・ちょっと浮いてる?」と思ったことはありませんか?これにはちゃんと親切な理由があります。
Twinmotion

【Twinmotion】Max lightingの検証

エクスポート時のオプションにあるMax lighting。Onにしても大して画が変わっている様子がない。けれども、レンダリング時間は長くなっている。一体この機能は何?いくつかのシーンで検証してみました。
スポンサーリンク
Twinmotion

【Twinmotion】くるくる回るファンを作る

パースを動画で表現する際に、シーリングファンなど、何かを回転させたいと思うことがあります。UE4ならできるんだけどなぁ・・・と諦める前に、単純なものであればTwinmotionでも表現できます。
Twinmotion

【Twinmotion】SSGIって何だ?

Twinmotion2020になって新しくSSGIを採用!という話を聞いたものの、それって何?2019と比較しながら検証してみました。
Twinmotion

【Twinmotion】VRを始めよう!(Oculus Go編)

Twinmotionで作成したVR(360度パノラマ)画像や動画、折角だからVRゴーグルで視聴してみたい!と思うでしょう。今は様々な製品が出てきていますが、まずは手軽に始めたいという人には、Oculus Goがおススメです。
Twinmotion

【Twinmotion】マテリアル適用モードを使い分ける

マテリアル適用モードにはReplace material(マテリアルを置換)、Apply to object(オブジェクトに適用)の二つがあります。二つを使い分ければ素早くパターン検討することができます。
Twinmotion

【Twinmotion】2019で作ったシーンを2020.1で開く

とうとう、待ちに待った新バージョンTwinmotion2020.1が発表されましたね!以前のファイルを開いてみると「アレ?」となることも多少あるので、バージョン移行でつまづかないために、個人的に気になった点をいくつか紹介します。
Twinmotion

【Twinmotion】ノーマルマップを活用してロゴサインの質感を表現

立体的な質感を持ったロゴサインを表現するとき、SketchUpや多くのCADソフトではモデリングで解決するのが困難です。しかし、Twinmotionではノーマルマップを使った疑似立体で表現することが出来ます。ここではその実例を紹介します。
Twinmotion

【Twinmotion】マテリアルを自作する

「プリセットにはない、あの質感を表現したい…」というときのため、自分でオリジナルのマテリアル・テクスチャを作成する実例を紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました